Cheetah3D 5.0 リリースノート

tg_jp

Active member
#1
Cheetah3D 5.0 リリースノート

ざっと訳してみました。

----

今日 Cheetah3D 5.0 がリリースされました。バージョン 5.0 には、プロのデザイナーがドラッグ・アンド・ドロップで素晴らしいマテリアルを作成できるノードベースの新しいマテリアルシステムが追加され、レンダリングエンジンは 16 までの CPU コアを十分に使用できるよう最適化されました。モデリングツールは新しいベベルツールと、ベンド(曲げ)モディファイアが追加され、基本書き出し機能にCollada ファイルフォーマットが追加されています。そして、Cheetah3D 5.0 はピボットポイントをサポートするようになりました。

Cheetah3D 5.0 は、149 US ドル ( シングルユーザーライセンス )
Cheetah3D 1.x-4.x からのアップグレードは 69 US ドル です。

----

###レンダリング

* ノードベースのマテリアルシステム
* レンダリング時に 16 スレッドまでサポート
* 新しい irrediance cache
* テクスチャ付きのマテリアルの保存をサポート
* たくさんの新しい 2D / 3D / 4D プロシージャルテクスチャ
* 新しいシェーダー (トゥーン/シャドウキャッチャー/最適化されたガラス等の誘電体/メタル など)
* ブラー反射
* レンダリング停止の高速化

###モデリング

* ベンド(曲げ)モディファイア
* ベベルツール
* よりスマートなエッジ削除
* ピボットポイントのサポート
* その他小さな改善

###ユーザーインターフェース

* 新しいノードエディター
* タグセレクター(プロパティーエディターの上部で選択・削除可能)
* スクリプトメニューのアップデート機能 (Cheetah3D を再起動する事なしに、スクリプトを追加・削除可能に)
* プロパティエディターのオブジェクトヒストリー機能
* マテリアルブラウザーでのマテリアル名編集が可能に
* (ターゲットタグやパススプラインタグの)リンクオブジェクトのダブルクリックでオブジェクトのプロパティにアクセス
* 3D ビューや UV エディタでマウスを動かした場合、テキストフィールドのフォーカス/選択が外れるように

### File IO

* Collada エクスポート
* FBX ローダーでピボットポイントをサポート
* .sia ローダー/エクスポーターの改善


その他、小さな改善・バグフィックス

----

レジストの方法が変わりました。

後、不正使用防止のために、レジスト(アクティベーション)をオンラインで行うようになりました。登録時にはネット接続が必要です。サブマシン用やマックを買い替えた場合には別のライセンスが必要なのですが、利便性のために1ライセンスで 5 回までアクティベーションが可能という事です。ただ現状ではアクティベーション解除のシステムは無いとの事で、マイナーアップデートで実装されるようです。
レジストする際にはご注意ください。

tg_jp, Hiroto.
 
Top